ホットフラッシュ動悸がある更年期障害

国際中医薬膳師、コーチングコーチの村松由季子です。

更年期障害、鬱と診断され、動けなくなった私が、

コーチングと薬膳を学び、思考も体質も大きく変化しました。

過去ばかり見つめ悩みがつきなかったのが、未来思考になり、

人前で話すのが苦手で、PCスキルもほぼなかったアラフィフの私が、

セミナー開催をするまでに。

未熟児で生まれ、身体も弱く毎年どんなに予防しても風邪を引いて

いたのに、

薬膳を学んだことで自分の体質に合った、食生活を送れるようになり

免疫力が高まり、風邪もひかなくなり、日の疲れもたまりにくくなりました。

アラフィフを過ぎて、そんな心も身体も生まれ変わっていった日を綴りました。

私の世界観まとめ記事序章〜50話

鬱と診断されてから薬膳を学ぶまで

まとめ記事序章〜7話

平日サラリーマンのアラフィフが県外に週末通学

まとめ記事8話〜15話

学びは薬膳からコーチングへ

まとめ記事16話〜21話

自分と家族を見つめ直す日

コーチングから再び薬膳へ

再構築、そして再生するための時間

まとめ記事22話〜30話

私の体質と心を変えた薬膳

薬膳とコーチングを勧める理由

まとめ記事31話〜50話

外は、すっかり雪景色

真っ白な世界が広がっています

と、ワクワクしていましたが、

昨日から、あまりにも降りすぎて

私の車がおおきな雪見大福状態に

ということで、夜1時間半の雪かき

きっと、明後日は筋肉痛

マグネット貼って

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、

前回の記事で触れた気血水の中の

気が原因の更年期障害についてです。

気の流れが、上方へ突き上げる状態

ホットフラッシュ突発的に顔や体中に熱感を覚える

動悸

頭がふらつく

という症状が現れるようです。

私は、実際、頭がふらついたり、動悸がありました。

これは、その時、

結構精神的にきつい状態になった事

心療内科で出された薬を飲み忘れたこと

もあるかと推測します。

私の推測です。医者からの判断ではありません

気の流れが上方に突き上げる状態といっても

正確に判断するには、

気だけなのか

気と血の問題なのか

気と水の問題なのか

また、ほかの様な要因も照らし合わせての

判断となります。

このあたりは、中医学の専門の医者が判断するところです

自己流は危険ですが

自覚症状から、食べ物を選ぶことはできます

食べ物なので

改善しなければ

変えてみるだけです。

アレルギーがある場合は考えなければ

なりませんが、普段食べていて特に身体に

異常がないのであれば、大丈夫と考えていいと

思います。

では、実際、気の流れを良くするものは何か。

次回に続きます。

お楽しみに

薬膳とコーチングを学ぶことで、心と身体の声を聞けるようになり

心も体も何を摂り入れたらいいのかが分かるようになり、

ありたい自分、なりたい自分に向かって行動できるようになる。

薬膳は興味あるけど、難しい

習っても日常生活で続けられない

高価な漢方薬は買えない

そんな風に思ってませんか

ゴールを目指すのは一人では大変

それをサポートしながら

身体と感情を薬膳とコーチングで改善してゆく

貴女と一緒にゴールを目指して走る

それが薬膳コーチングです