名前や名声を求めることはまったく自然なことです。それに正直でありなさい。

名前や名声を求めることはまったく自然なことです。

それに正直でありなさい。

バガバァン

あなたはマインドなしで行きていくことはできません。

なぜなら、マインドは必要だからです。

しかし、必要な時だけマインドが働く代わりに、

マインドは常に働いているように見えます。

例えば、雪のなかを歩くには雪靴が必要ですが、もしあなたが

それを寝室や食堂でも履くとしたら、とても煩わしくて邪魔になります。

それと同じように、マインドにはマインドの場所があります。

しかし、(大部分の人においては)

マインドがどこでも、いつでも働いているようです。

それゆえに邪魔になるのです。

質問

満たされていること、あるいは持っているもので

満足することは世界でのその人の能力を下げることになるのでしょうか?

外側の世界で有名になりたいという動機は悪いことでしょうか?

バガヴァン

あなたが自然にそう感じるのである限り、私にとって悪いものは何もありません。

私は2つのダルマがあると思います。

1つはマインドのダルマ、そして2つめはハートのダルマです。

もしあなたのハートが開いていない場合、

それはマインドの枠組みのなかで機能していることを意味します。

もしあなたがマインドの枠組みのなかで

人生を生きているのなら、あなたはそれに正直であるべきです。

マインドはセルフ(自己)の回りを回転し、セルフは表現することを必要とします。

セルフはお金、名前、名声などを得ることに喜びを感じます。

セルフは自然にそれらに引かれます。

セルフは進んで犠牲を払おうとするかもしれません…

お金など欲しくない、名前や名声など望まない、と。

それもまた自己の表現です。

なぜなら、あなたは人々があなたを愛し、

あなたの偉大さを認めてくれることを欲するからです。

あなたは全てを放棄し、それに満足します。

お金を放棄するか、または反対に多くのお金を所有することで満足するか、

名前や名声を放棄するか、またはそれを得ることで満足するか、

それはあなたの選択次第ですが、しかしそれは同じことです。

あなたがそれを放棄するにしても、追い求めるにしても、それはセルフの表現です。

それゆえ、あなたがマインドのなかで機能している限り、

名前や名声を求めることはまったく自然なことです。

それに正直でありなさい。

そしてまたハートが開いている人々もいます。

そのような人は物に執着しませんが、それはそのように努力するからではありません。

彼らのハートが開いているので、自然にそうなるのです。

満足し、満たされている状態は彼らにとって真実であり、自然なことです。

それは彼らの動機が劣っているとか、有能でないということではありません。

彼らは自分のセルフを満足させるためではなくて、

より偉大な原因によってそうなるのです。