このモヤモヤ感はもう2度と味わいたくない

目標に向かってやっていたことが、失敗した時

急に何も手に付かなくなると思います。

気ばかりが焦ってしまい、頭の中は空回り

状態で、ボケ〜っとする以外方法がない

という経験をしたことはありませんか?

私は以前、システム開発の仕事をしていました。

各人それぞれに担当しているプログラムが

あり、現行のプログラムを新システムに

新機能を付加してバージョンアップする内容です。

プログラムが個別でテストを完了すると、それぞれが担当

しているものをすべて新システム上に上げて

新システムの環境でテストを開始します。

個別のテストが完了する時までが、取り敢えずの

期限になります。

その期限までには、何が何でもテストを完了して

おかなければならないのですが、私はその前日まで

一切手が付かなかったことが過去に1度ありました。

開発期間は、1週間程度用意されていたのですが、

最終的な考えがまとまらずにとうとう明日連結テスト

という状態にまで追い込まれてしまいました。

もう完全にアウトな状態です。

その時の状況は、もう心ここにあらずな状態で、

何かを考えられる状態ではありませんでした。

当然、その日は徹夜でした。

私のプログラムが完成しないことには、明日の

連結テストは失敗確実です。

悪あがきをしている私の状態を観て、部長が

夜中の12時に何をやっているんだ!?今更

!?と、声をかけてきました。

私は咄嗟に明日のための最終確認をやって

いますと応えました。

すると、部長はそうか!終わったら気をつけて

帰れよ!!と、取り敢えずその場は凌ぐことが

できました。

しかし、絶体絶命のピンチです。

後は、残りの8時間で、何が何でも仕上げなければ

なりません。

修正内容を平たく言うと、32か所くらいの場所

に同じような処理を入れる作業なのですが、本来

なら1個その処理を作って、32か所からその処理を

呼び出せばいいだけなんです。

しかし、それを1つにするには複雑なロジックを

組み込まなければならず、それが纏まり切らない

状況でした。

最終的に私が取った行動は、32か所に同じ処理を

コピーペーストして行って、異なる部分を直に変えていく

ということを16回繰り返して、何とかその場を

乗り切るということでした。

その修正に朝の8時間かかりました。

30分ですべてのテストを終了し、連結テストの30分

前にやっと間に合わせることができました。

プログラム自体は、物凄く原始的なプログラムに

なり、低レベルのプログラムとなってしまいましたが、

機能的には全く問題はありませんでした。

私が今までに一番つらかった瞬間でした。

もう2度とあのモヤモヤ感は味わいたくないものでした

が、今回再びあのモヤモヤ感を味わっている

状態なんです。

どうすれば、あのモヤモヤ感を味あわないで済む

ようになるのでしょうか?

最初からそのようなことを避ければ、済むのでしょうが

一旦やると決めた以上はつきものなのでしょうか?

でも、このことによって精神力がアップできると

思えば、なんだかやりがいが湧いてくるんですよ。

こうして乗り越えていく以外無いように思います。

にほんブログ村