肌もココロもくすんでる場合じゃありません!

透明感ある素肌はカラダの中からつくられる

美人の習慣主宰日原和美です。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

スキンケアを頑張っているのに、

くすみ肌がイマイチよくならないという方、

ココロまでくすんでいませんか?

何だかモヤモヤして動けない、

やりたいことはあるのに行動できない

そんな風になってませんか?

私にもそんな時期ありました、若いころ。

だけど、今は違います。

毎日ゲンキに動き回って、フル稼働してます!

私にいつもパワーくれるものがあります。

私の旅のおとものポーチ。

このポーチにはすごく思い入れがあります。

6年前OL時代に仲良くしていた先輩が

ガンで亡くなられました。

その先輩からいただいたポーチです。

私とその先輩は食いしん坊同士で、

すごく氣があっていて、よく食べ歩きもしたし、

ソウル食い倒れツアーに何回かご一緒しました。

その先輩がある時食道がんにかかり、入院。

一度退院して、再発、再入院してからも、

なんどもお見舞いに足を運ぶ私に

入院中何度も先輩が言っていたこと。

退院したら、日原ちゃんとソウルに行くんだ

元気になったら、日原ちゃんとソウルに行く

最後まで希望を忘れなかった先輩。

ソウル特集の雑誌を一緒に見ては、

行きたいお店をチェックしたりしてました。

その後私が東京支社に転勤になった時に

その先輩がプレゼントしてくれたのが

この旅行用ポーチ。

私が転勤してから、しばらくして

先輩は天国へと旅立ってしまいました。

ソウルには一緒に行けなかったけど、

旅行のときにこのポーチを見るたび、

いつも思い出します。

あの時の、希望を忘れない先輩の姿。

私は生きている限り、150生き切りたい、

いつもそう思っています。

あー、あれをやっておけばよかった、

なんであれをやらなかったんだろー、とか。

人生の最後に思い残すことがないように。

そのためにも、できる限りゲンキでいて、

やりたいことを思う存分できるカラダでいたい、

そう思っています。

食いしん坊だった先輩の分も、

いろいろなところへ出かけて、

美味しいもの食べなくっちゃ!!

先輩のことを想うと、

くすんでなんかいられないし、

150パーセント生ききらなくっちゃ、て。

だから、やりたいことがあるのに、

もやもやとココロくすんでいる女性に

ゲンキになってもらいたい!

肌のくすみとともにココロのくすみも解消して、

女性が夢に向かって動きだすお手伝いがしたい!

いつもそう思っています。

だから、キレイとゲンキのための

情報をこれからも発信し続けます!

明日からこのポーチと一緒に

吉方位旅行に出かけてきます

またその様子もFacebookやブログに

アップします。

美人の習慣では、

透明感のある肌が手に入る

デトックスできる食事法と生活習慣を

お伝えします。

肌のくすみとともに、

ココロのくすみもとれて、

夢を叶えるために

ゲンキに動き回れるカラダになります!

Facebookでも発信しています。

よかったら、フォローしてください

ただいま、メルマガ、セミナー準備中です。

透明感ある素肌はカラダの中からつくられる

美人の習慣主宰日原和美

スキンケアを頑張っているのに

くすみがとれないあなた、

昔私も肌荒れに悩んでました。

菓子パン、パスタ、焼肉、ケーキ、

そんなものを食べながら、

一生懸命スキンケアしてエステに行ってました。

でも、ある時気功の先生に言われたんです。

君、このままだと大腸がんになるよ

それ以来、食生活を変えて健康オタクになりました。

玄米とお味噌汁飲み始めました。

気がついたら、お肌キレイと言われるように。

わかったんです。

素肌のために本当に大切なのは

外側からのスキンケアだけじゃなくて、

内側からのインナーケアだって。

美人の習慣では

透明肌が手に入る

デトックスできる食事法と生活習慣、

お伝えしています。

私たちは食べるものからできています。

食べるものを変えることで、

肌は生まれ変わります。

そして、肌だけではなく、

ココロもカラダも変わります。

カラダが変わることで、

ココロも強くなり、キラキラ輝いて

夢を叶えるために、

ゲンキに動き回れるようになります。

私は女性が美しくシアワセになることが、

豊かでシアワセな世の中の原点になる、

そう信じています。

女性がキラキラ輝いてシアワセになれば、

女子力が上がります。

女子力が上がれば、男子力も上がります。

男子力が上がれば、社会が強くなります。

社会が強くなれば、世の中は豊かになります。

だから、女性にはくすんでないで

キラキラして欲しい、

いつもそう願っています