水俣病資料館を訪問

これもまたある意味ダークツーリズムである。

ひどい事件である。

水俣病も子供の頃から注視してきたが、被害者の苦しみや、受けた中傷・差別は広島・長崎の被害者に匹敵するのではないのだろうか?

残念ながら今この瞬間も福島に対する中傷や差別が繰り広げられているこの国と国民を憂う小熊である。